アトリエレント スタッフブログ
2017 / 02   «« »»
01
W
 
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Counter
total : 03529
yesterday : 071 / today : 119

Profile
アトリエレントスタッフのブログです。




Search
Menu

RSS & Atom Feed
アトリエレント スタッフブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
開発環境
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
イベント
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
日誌
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

Recent TrackBack

Recent Comments
Re:UnityでVR対応実験
  └ elas at 2017/01/18 21:17:29
Re:アトリエレントiPhone・Android・Winの同時開発に成功
  └ elas at 2016/03/16 12:48:22
  └ 渡辺俊雅 at 2016/03/23 22:31:32
Re:第三回 収録
  └ elas@atelierent at 2015/02/14 22:19:43
Re:「ぼくけん」クオリティアップ3
  └ elas at 2014/08/19 9:45:20
Re:Open GLとSurfaceViewとの葛藤
  └ 渡辺俊雅 at 2014/08/02 7:13:37
Re:謹賀新年
  └ 渡辺俊雅 at 2014/01/01 7:51:36
  └ elas at 2014/01/01 9:06:13
2017/02/18
渡辺俊雅です。

検証用にfove0を買ったのですが、試しにゲームをプレイしようと思っても、対応コンテンツがほとんどありません。

SteamVR のゲームも普通プレイ出来るわけではなく設定に苦労しました。のでここで情報共有しておきますねー。


まず、Fove の開発元から専用ドライバーのアクセスキーをもらうために以下のサイトから利用登録
アクセスキー登録


すると数日後、アクセスキーと以下の内容が

1. Install the FOVE setup version 0.10.0 from here

2. Install Steam from here

3. Open the Steam application

4. In the 'Library > VR' tab install SteamVR

5. From the 'Games' dropdown menu select 'Activate a Product on Steam'

6. Fill in the product code that you received in the email

7. In the 'Library > Tools' tab install SteamVR Driver for FOVE

8. Start the FoveVR.exe tray icon

9. Disable the Compositor Autostart and ensure that the Compositor is turned off:

10. Enjoy your SteamVR titles

この後、さらに本体設定
SteamVRを立ち上げて、SteamVRのセットアップ を起動

ルームスケールではなく、立体視でセットアップ。
床高さ等も入力し、チュートリアル開始したらOk

チュートリアルは最後まで出来ないので終了

SteamVRを立ち上げっぱなしで最小化

好きなソフトをインストールしクリック

「対応してません」って出るけど実行

FOVE側に映る
posted at 2017/02/18 10:28:19
lastupdate at 2017/03/05 22:33:08
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2017/02/12
渡辺俊雅です。

Unityによる開発でのバージョン管理はGitに決めました。

SVNにするかGitにするかPerforceにするか悩んだんですが、
無料で使えてプライベートプロジェクトを作れそうな場所があんまりなくて。
今までの開発はSVNでしてたんですが時代の流れに乗ってGitによる
バージョン管理の開始です♪

ちなみに今回使うのは以下のgitサービス

https://bitbucket.org/
web上でリポジトリを作ったら
Create ".gitignore"のボタンを押して中身に下記を加筆


/[Ll]ibrary/
/[Tt]emp/
/[Oo]bj/
/[Bb]uild/
/[Bb]uilds/
/Assets/AssetStoreTools*

# Autogenerated VS/MD solution and project files
ExportedObj/
*.csproj
*.unityproj
*.sln
*.suo
*.tmp
*.user
*.userprefs
*.pidb
*.booproj
*.svd

# Unity3D generated meta files
*.pidb.meta

# Unity3D Generated File On Crash Reports
sysinfo.txt

# Builds
*.apk
*.unitypackage


_/_/
でもってコミット

リポジトリをローカルフォルダへクローン

クローンを Unity で開く
クローンでも Unity の設定をしておきます
メニュー「Edit」→「Project Settings」→「Editor」
Inspectorビューの Editor Settings を設定する
Version Control の Mode を Visible Meta Files に変更する
Asset Serialization の Mode を Force Text に変更する
動作確認する。
これをしておくと競合したときに破損せずに済むとのこと。


てな感じでメンバーと共有が可能になり、バージョン管理ができます。
posted at 2017/02/12 21:41:28
lastupdate at 2017/02/18 9:32:40
修正
comments (0) || trackback (0)